DiDiフードの配達員で注文が鳴らない場合があります。 曜日や時間帯によって鳴らないのでしょうか。

DiDiフードの注文が鳴らない原因

DiDiフードの注文が鳴らない原因は以下の通りです。

  • 注文受付開始ボタンを押していない
  • 配達エリアの範囲外
  • 配達が鳴りにくい状態

注文受付開始ボタンを押していない

まず考えられることは、配達員がアプリを立ち上げてから「注文受付開始」ボタンをスワップしていない可能性があります。

当然注文受付を開始していないということは、注文が鳴らないことになります。

なので、注文受付開始ボタンを確認してみましょう。

配達エリアの範囲外

配達エリアの範囲外にいる場合、注文がなることはありません。

注文受付開始を押したらエリアの範囲内で稼働して下さいと音声が流れるかと思います。

配達エリアに移動してから稼働しましょう。

配達が鳴りにくい状態

注文が少ない曜日や時間帯で稼働しても、配達がなりにくい状態です。

例えば11~13時、18時~20時のピーク時以外、平日などなかなか鳴らない時間帯や曜日が存在します。

DiDiフードは注文が鳴らない対策

DiDiフードの注文が鳴らない対策は以下の通りです。

  • DiDiフード以外のデリバリーと同時に稼働する
  • 曜日や時間帯を変えてみる
  • エリアに移動する
  • キャンセル率を低くする

DiDiフード以外のデリバリーと同時に稼働する

一番手っ取り早いのは、DiDiフード以外のデリバリーと併用することです。

フードデリバリー業界の2トップのUber Eats出前館と同時に稼働することで鳴らないことを解消できます。

Uber Eatsと出前館は、注文件数が多いことでDiDiフードが鳴らない時に稼働することで暇な時間をなくすことが可能です。

曜日や時間帯/h3>

DiDiフードは、曜日や時間帯によって注文数が異なります。

11時~13時、18時~20時のランチやディナーの時間は、注文数が多くなります。ただ、多くの配達員も稼働しているため、配達員に注文ならないことも考えられます。

土曜日や日曜日は、1日を通して比較注文数が多いので、休日に稼働することで注文を多く受け取ることができるはずです。

エリアに移動する

エリアによって注文が多かったり、少なかったりします。

いろいろな場所に移動して良くなるエリア、鳴らないエリアを確認してみましょう。

穴場のエリアが見つかれば配達件数が多くなり稼げるようになります。

キャンセル率を低くする

配達リクエストを受けた後にキャンセルを何度もするとキャンセル率が高くなります。

DiDiフードの場合は、キャンセル率が高くなると注文依頼が少なくなります。

基本的にはキャンセルをすることなく配達することで鳴らない対策となります。